前へ
次へ

足尾線旧線(間藤~足尾本山)廃線跡

1908年(明治41年)に足尾鉱山鉄道株式会社が設立、後に足尾鉄道株式会社と社名を変え、1911年(明治44年)に下新田信号所と大間々間(おおまま)が開通したのを切っ掛けに、1914年(大正3年)に足尾本山まで開通した。1918年(大正7年)に国有化され、国鉄足尾線と名称を変えた。銅の輸送だけでなく、桐生(きりゅう)-間藤(まとう)での旅客輸送も行われていた。しかし、1973年(昭和48)に閉山となり、1987年(昭和62)には貨物輸送も終了となった。それに伴い、貨物専用の間藤-足尾本山間の1.9kmは休止線となり、足尾線は桐生-間藤の旅客輸送のみの営業となってしまった。現在でも、間藤~足尾本山間は休止扱いである。

足尾本山にたたずむ廃線跡

間藤駅を出た線路跡は現役の面影を残し、足尾本山方面へ勾配を上りながら続いている。

足尾本山方面に続く廃線跡

切通しを通る廃線跡

足尾本山方面に続く廃線跡
切り通しを通る廃線

切通しをぬけた廃線跡は松木街道を踏切で横断していた。この松木街道踏切は、当時の面影を良く残している。踏切を越えた廃線跡は、すぐ松木川を橋で渡り、川岸を沿うようにして足尾本山方面へ続いている。


雰囲気が残る松木街道踏切跡

松木川を渡る廃線跡

雰囲気が残る松木街道踏切跡
松木川を渡る廃線跡

暫く進んでいくと廃線跡は間藤トンネルに入っていく。この辺りは急勾配だったようで、30.4‰を示す勾配票があった。間藤トンネルを抜けると相変らず廃線跡とは思えないほど鮮明に残っており、今にも列車が走ってきそうである。更に進んでいくと線路はカーブしており、赤倉トンネルに入っていく。このトンネルの入口横には、昔懐かしい腕木式信号機が立っていた。


間藤トンネル跡

腕木式信号機が立っている

間藤トンネル跡
腕木式信号機が立っている

赤倉トンネルを抜け、橋を渡ると、遂に足尾本山駅跡に到着である。ここから先へは、足尾精錬所の構内の為、一般の方の立ち入りは禁止されいた。柵の外から、構内の様子を確認したが、当時の駅舎や施設がそのまま残されており、時が止まっているかの様であった。


足尾本山駅跡の様子

足尾本山駅跡の様子
ページのトップへ戻る
inserted by FC2 system