廃線1 廃線2 画像3

米軍厚木基地専用線(相模大塚)廃線跡


米軍厚木基地専用線は、相模大塚から厚木基地への専用線で1942年に完成しました。1998年まで、厚木海軍飛行場へと燃料輸送が行われていました。正式には廃線ではなく休止状態になっており、防衛施設庁から相鉄が管理を委託されている線路です。

 

米軍厚木基地専用線の廃線を辿る


米軍厚木基地専用線は、相鉄線の相模大塚駅付近の踏切を越えた辺りから分岐している。分岐した線路跡は住宅地の中を通っている。架線・架線柱なども、そのまま残されている。


右へ分岐している廃線

住宅地を進む廃線(相鉄線側を望む)

相鉄線から分岐する廃線
住宅地の中を進む廃線

暫く住宅地を進んだ廃線は、踏切で県道を渡り、再び住宅地の中へと進んでいく。警報機や標識も撤去されずに残されており、現役線と間違えてしまいそうである。


踏切で県道を渡っていた廃線

再び住宅地へ進む廃線

踏切で県道を渡る廃線
再び住宅地の中を進む廃線

この先は、しばらく真っ直ぐ線路がのびている。途中、「でんしゃにちゅうい」の看板を見る事も出来た。専用軌道でもある為か、線路が途切れることなく続いている。


でんしゃにちゅういの看板がある

真っ直ぐ伸びている廃線

でんしゃにちゅうい
真っ直ぐ伸びている廃線

廃線跡は、さらに基地の方へ向かって伸びている。この先、木が垂れている場所があり行く手を阻まれている。真っ直ぐ進む廃線は、陸橋で東名高速の上を越えている。


一直線に伸びる廃線跡

陸橋で東名高速の上を越える

一直線に伸びる廃線
東名高速の上を越える廃線

陸橋で東名高速を越えた廃線は、南の方角へカーブをしている。このカーブを越えると、基地はもうすぐである。

カーブしている廃線(東名側を望む)

南へと方向を変える廃線

一直線に伸びる廃線
東名高速の上を越える廃線

カーブを終えると、廃線跡は踏切を渡り真っ直ぐ伸びている。しばらく進んだ先の金網の前で線路が途切れている。これより先は、基地のため進入禁止。

踏切が残る廃線

基地へ伸びる廃線

踏切が残る廃線
基地へ伸びる廃線

 

スポンサーリンク



廃線メニュー


 

旅の資料集


 

カウンター



広告



お役立ち情報


 


RSS Feed Widget

 

inserted by FC2 system