前へ
次へ

磐越西線旧線(旧中山宿駅)廃線跡

中山宿駅は1898年(明治31年)7月に仮停車場とし開業。その翌年の1899年(明治32年)3月に正式に駅となりました。当初は「折り返し型スイッチバック」方式を採用していましたが、輸送力を増強させるため、後に「通過型スイッチバック」という方式に改良されました。これにより、効率のよいスイッチバックが可能になりました。長く活躍をした中山宿駅のスイッチバックではありましたが、近年になると、交換する貨物列車も無くなり、1971年(昭和47年)9月に貨物・荷物の取り扱いを廃止、1983年(昭和58年)3月には無人駅化され、1997年(平成9年)3月に本線上に駅を移転させスイッチバック式の駅は廃止されました。

今でも残る旧中山宿駅

旧中山宿駅へ行くには、国道を進み、中山宿集落の手前で旧街道に入りしばらく進んでいく。すると、右手に細い砂利道が現れる。ここが旧中山宿駅跡への入り口である。砂利道を上がっていくと、割と広い空間にホーム跡が現れた。

遠くからホーム跡を望む

ホーム跡に駅名標が残る

旧中山宿駅
旧中山宿駅2

ホームは残されていたが、待合室などは痕跡もなかった。またホームの端まで歩いてみる。思いのほか旧中山宿駅はホームが長かったようだ。


錆びた線路が残る旧中山宿駅跡

意外とホームが長い旧中山宿駅跡

錆びれた線路が残る

現在線の合流地点付近から旧中山宿駅跡を望む。錆び付いた線路が残り、転轍機もある。最後に引き上げ線跡を確認してみたが、現在線の左側にそれらしき跡が残されていた。


転轍機も残っている旧中山宿駅跡

引き上げ線跡を望む

転轍機が残る
ページのトップへ戻る
inserted by FC2 system