前へ
次へ

磐越西線旧線(磐梯熱海~猪苗代湖畔)廃線跡

この路線は、1898年(明治3年)に郡山~中山宿間を岩越鉄道(がんえつ鉄道)が開通させたのがルーツです。その後1906年(明治39年)に岩越線として国有化され、1914年(大正3年)に郡山~新津間が全通。1917年(大正6年)に現在の磐越西線と改称されました。その後、1967年(昭和42年)の郡山~喜多方までの電化に伴い、明治期に建設された4つのトンネルが廃止されました。

郡山~喜多方の電化による廃線跡

旧中山宿駅から西へ進んでいくと、現在の中山宿駅に着く。現在線は、駅を出ると中山トンネルに進んでいくが、廃線跡は駅の手前から分岐し、中山駅に向かう道路になっている。旧線跡はやがて旧中山トンネルに入るが、入口は内部崩落の影響により、埋められてしまった模様。

上部が僅かに残る旧中山トンネル

トンネル画像

トンネルをぬけた廃線跡は、現在線と合流する。線路は左右にカーブしながら中山峠越えにさしかかる。この山越えのトンネルが沼上トンネルである。新旧のトンネルが並んで口を開けているので、発見は容易である。旧線の沼上トンネル出口は、国道のトンネルを越えた直ぐ左に折れる道を進むと見る事が出来る。


旧沼上トンネル出口側

旧線の切り通し区間

トンネル画像
廃線画像

旧沼上トンネル方面を望む

廃線画像

上戸を過ぎた線路は、小坂山トンネルを抜け、猪苗代湖畔へと向かって行く。旧小坂山トンネル入口側は、現在線の右奥に口を開けている。やがてトンネルを出た廃線跡は、猪苗代湖畔駅のホームの端で現在線と合流する。猪苗代湖畔駅から旧小坂山トンネル出口(出口は完全に埋っている)方面を確認。左に分岐していく、草に覆われた旧線跡を見る事が出来た。


猪苗代湖畔駅から見た廃線跡

切り通し画像
ページのトップへ戻る
inserted by FC2 system