前へ
次へ

中央本線旧線(信濃境~富士見)廃線跡

この区間は、1904年12月21日、韮崎(にらさき)~富士見間開業によって開通しました。その後、輸送力の確保の為、複線化が進み、1980年9月に新線に切り替えられ、廃止になりました。

旧立場川橋梁が魅力の廃線

富士見町は長野県南部に位置しています。廃線の距離は僅か1.5kmほどと短いのですが、トンネルが3つに橋梁が1つある、非常に見所のある廃線跡です。しばらく道を歩いて行くと、富士見町総合運動場があり、そこに乙事トンネルと蛯沢トンネルが口を開けています。尚、乙事トンネルの反対側は完全に埋められています。

旧立場川鉄橋(遠方から)

乙事トンネル(富士見側)

遠方画像
乙事トンネル

反対側に目をやると、姥沢トンネルがあります。抜けると少し薄暗い場所に出ます。ここには架線柱などが残されており、枕木も発見できました。この先には、旧立場川橋梁があります。


姥沢トンネル

姥沢トンネル(立場川橋梁側)

姥沢トンネル
姥沢トンネル(立場川橋梁側)

旧立場川橋梁は1904年(明治37年)に完成。廃止後もそのまま現存しているため、完成から100年以上も当時のまま残っている。橋梁を渡った廃線跡は、瀬沢トンネルへ向かっており、堤上には架線柱と枕木が残されている。因みに、この橋梁は、上路ボルチモア・トラス構造。


旧立場川橋梁

瀬沢トンネルへのびる廃線

橋梁画像
堤上

暫く歩くと、瀬沢トンネルが現れる。このトンネルは現在では水路になっており、中には水が流れている。そのため、通行するには長靴がないと少し厳しい。瀬沢トンネルを出た廃線は、やがて現在線に合流する。


瀬沢トンネル(富士見側)

現在線と旧線の分岐点

富士見側出口
合流地点
ページのトップへ戻る
inserted by FC2 system