廃線1 廃線2 画像3

中央本線旧線(小淵沢〜信濃境)廃線跡


この区間は、1904年12月21日、韮崎(にらさき)〜富士見間開業によって開通。その後、輸送力の確保の為、複線化が進み、1983年6月21日に新線に切り替えられ、廃止となった。

 

車両が保存されている廃線跡


新線・旧線の分岐点へは、線路沿いの道を暫く小淵沢方面に歩いていく。すると、道路と線路に高低差が出来ている場所があり、そこが旧線との分岐点である。分岐した廃線跡は、道路を渡り森の中に入っていく。


新線・旧線との分岐点

奥から分岐点方面を望む

新線と旧線との分岐点
分岐点付近

廃線跡を進んでいくと、切り通しの中に何故か電車の車両が置いてある。どうやらこの車両は、静態保存されているとこの事。近くで見てみた所、保存の状態は、かなり酷い。しかも、中には調理器具のような物も置いてあった。この車両は誰かが使用しているのだろうか・・・。もしそうだとしても、かなりボロボロであり、今は使用されていない様にも思える。


廃線跡の切り通し中に車両が見える

かなりボロボロの保存車両

保存車両
保存車両

しばらく切り通しを進んでいくと、やがて遠くに池生トンネルが見えてくる。このトンネルの左横には、47と書かれた看板があった。これは47番目のトンネルという意味のよう。池生トンネルを出た廃線跡は、切り通しとなって続いている。途中に防護柵が残っていた。


池生トンネル跡

防護柵が残されている

池生トンネル
防護柵

暫く進むと、開けた場所にやってくる。トンネルを出た現在線が左から近づき、やがて合流する。


現在線の池生トンネルを望む。廃線跡は左の森

池生トンネル

 

スポンサーリンク



廃線メニュー


 

旅の資料集


 

カウンター



広告



お役立ち情報


 


RSS Feed Widget

 

inserted by FC2 system