前へ
次へ

福知山線旧線(生瀬~武田尾)廃線跡

1899年(明治32年)に開通。開通から8年後の1907年(明治40年)鉄道国有法により、強制的に全線が国に買収され国有化。阪鶴鉄道から今の福知山線になった。そして80年近くの間、単線非電化のローカル線としての営業を続けていたが、旅客増加などの理由により複線電化される事となり、1986年(昭和61年)8月に新線に切り替わり旧線は廃線となった。

武庫川渓谷沿いに残されている廃線跡

生瀬駅を出てしばらく国道176号線沿いに進んでいくと、中国道が見えてくる。中国道の高架を抜けて斜面を下った武庫川河川敷辺りで廃線跡が現れる。廃線は、武庫川に沿ってのびている。

真っ直ぐのびている廃線跡

武庫川に沿って進む廃線跡

真っ直ぐのびている廃線跡
武庫川に沿って進む廃線跡

廃線跡を進んでいくと北山第1トンネルが現れる。このトンネルは1923年(大正12年)に開通したもので、それまでは川沿いを通っていた。


北山第1トンネル

北山第1トンネル

トンネルを抜けると枕木とバラストがそのまま残っており、廃線跡である事がしっかりとわかる。また、速度制限標識も見る事が出来た。


速度制限標識が残る

生瀬方面を望む

速度制限標識が残る
生瀬方面を望む

しばらく進んで行くと、北山第2トンネルに入っていく。このトンネルは廃線区間の中で一番長いトンネルである。


北山第2トンネル(福知山側)

北山第2トンネル

北山第2トンネルを抜けた廃線は、川沿いから少し離れた場所を進んでいく。切り通しを進む廃線跡は、枕木もしっかりと残されている。


川岸から離れて進む廃線

切り通しを進む廃線

川岸から離れて進む廃線
切り通しを進む廃線

北山第2トンネルを出てから、川岸へ接近したり離れたりした廃線は、また川岸を進み、やがて溝滝尾トンネルに入っていく。


溝滝尾トンネル付近

溝滝尾トンネル

溝滝尾トンネル付近
溝滝尾トンネル

溝滝尾トンネルを出ると、大きな鉄橋が目の前に現れる。これは第2武庫川橋梁であり、1953年(昭和28年)竣工 日立造船製。長さは72mある。


第2武庫川橋梁

第2武庫川橋梁その2

第2武庫川橋梁
第2武庫川橋梁2

鉄橋で対岸に渡った廃線跡は、長尾山第1トンネルに入っていく。トンネルを抜けると武庫川沿いに進んでいく。


長尾山第1トンネル内から望む

長尾山第1トンネル(福知山側)

長尾山第1トンネル内
長尾山第1トンネル

長尾山第1トンネルを出た廃線はカーブを描きながら川沿いを進み、やがて切り通しを抜けていく。


カーブを描き川沿いを進む廃線

切り通しを進む廃線

カーブを描き川沿いを進む廃線
切り通しを進む廃線

切り通しを進んでいくと、速度制限標識が残されていた。しばらく進むと、廃線跡は第5橋梁を渡り長尾山第2トンネルを抜けていく。


切り通しに残る速度制限標識

第5橋梁を渡る廃線跡

切り通しに残る速度制限標識
第5橋梁を渡る廃線跡

長尾山第2トンネルを出た廃線は、切り通しを進みながら第6橋梁を渡り長尾山第3トンネルを抜ける。第7橋梁・第8橋梁を渡り、やがて廃線跡は道路になる。この道路が、かつての武田尾駅である。廃線跡は、この先も道場までのびているが、自然に還っている部分もあり辿る事は難しい。


第8橋梁を渡る線路跡

旧武田尾駅跡

第8橋梁を渡る線路跡
旧武田尾駅跡
ページのトップへ戻る
inserted by FC2 system