前へ
次へ

東海道線貨物支線(瑞穂支線)廃線跡

瑞穂埠頭は大正14年(1925年)に着工、昭和20年(1945年)完成しましたが、戦後に駐留軍の接収を受け、講和条約の発効後は日本の提供施設として米軍が使用しています。現在も7バース(総延長:1,259m)が在日米陸軍によって使用され、通称「ノース・ピア」と呼ばれています。2009年に瑞穂埠頭にかかる瑞穂橋と、埠頭外周の港湾道路が日本に返還されました。瑞穂支線は、昭和10年(1935年)7月15日に入江駅から分岐する貨物支線とともに開設されました。昭和30年(1955年)1月17日には、東高島駅の所属路線変更に伴って瑞穂駅への分岐駅が東高島に変更されました。1958年(昭和33年)に、米軍専用線に転用のため、瑞穂支線は廃線。瑞穂駅も廃止となりました。

瑞穂支線の廃線を辿る

瑞穂支線は東海道貨物支線(高島線)から分岐している。分岐した線路は、カーブを描きながら踏切を渡り倉庫の横を通り、瑞穂埠頭方面に伸びている。

倉庫の横を通っている廃線

カーブを描く廃線

倉庫の横を通った廃線は、やがて瑞穂橋にさしかかる。瑞穂橋と瑞穂埠頭外周の道路が2009年3月31日返還されるまでは、これより先は立入禁止であったが、現在は橋を渡る事が出来る。


瑞穂橋梁にさしかかる廃線

瑞穂橋梁を渡る廃線

瑞穂橋梁付近の廃線
瑞穂橋梁を渡る廃線

鉄橋を渡った線路は、踏切を渡り埠頭に向かって続いている。尚、踏切を渡った先は米軍の施設となっている為、柵が設けられており立入禁止。


千若信号場方面を望む

踏切を渡っている線路

千若信号場方面を望む
踏切を渡っている線路

瑞穂埠頭にある廃線は、東高島から近い場所にあります。高島貨物線の東高島駅付近にある鉄橋を見ながら瑞穂支線を巡ってみるのも良いかもしれません。

ページのトップへ戻る
inserted by FC2 system