前へ
次へ

東北本線旧線(利府~品井沼)廃線跡

東北本線は明治20年上野~塩釜間が開通。その後23年には盛岡まで開通、翌年には青森までが結ばれました。このころの東北本線は、岩切を出ると松島を経て品井沼へのコースを辿っていました(山線)。しかし、この路線は、勾配がきついこともあった為、昭和19年に東北本線海岸線が作られました。そして昭和37年の4月、ついに松島~品井沼間は廃止、同年7月には、利府~松島間も廃止となりました。因みに、現松島と旧松島の場所は違う場所にあります。

利府~品井沼の廃線を辿る

利府駅を過ぎて北上すると、旧線跡上に森郷児童公園という公園がある。そこには、交流電機ED9111が保存されていた。


森郷児童公園に保存されている交流電機ED9111

森郷児童公園から品井沼方面へ続く廃線跡

交流電機ED9111
品井沼方面への廃線

森郷児童公園を過ぎると、線路跡は舗装された道路になり、続いている。一旦利府中インター付近で線路跡は消滅しているが、迂回し暫く行くと、また線路跡が現われる。時々、地元の方が散歩している姿もあった。


舗装された道が続く

品井沼方面へ続く廃線跡

舗装された廃線
品井沼方面への廃線

さらに進んでいくと、切り通し区間に出る。この辺りは、廃線らしい雰囲気があり、両側に石垣が残されている。切り通しを超え、暫く行くと松島海岸インターがあり、一旦線路跡は途絶えてしまうが、少し先へ進むと、また現われ、旧松島駅方面へ続いている。


鉄道が走っていた雰囲気が残る。

水路を跨ぐ橋台として今も使われている

舗装された廃線
橋台

暫く行き初原浄水場を超えると、廃線跡は住宅地の中に入っていく。やがて旧松島駅舎跡が見えてくる。旧松島駅舎は、現在では松島町健康館として残っている。さらに進み住宅地を抜けると、線路跡は現在線の下をトンネルで抜け続いている。


松島町健康館として残る旧松島駅跡

現在線をトンネルでくぐり抜ける廃線跡

旧松島駅
トンネルでくぐり抜ける廃線跡

トンネルを抜けると、廃線跡は左にカーブし、現在線と平行しながら品井沼方面へ向かっている。その途中、高城川を越える鉄橋があり、旧線の鉄橋を歩行者専用橋として利用している。この後も線路跡は続き、根廻(ねまり)トンネルという面白いトンネルを抜ける。


歩行者専用として利用している鉄橋跡

名前が面白い根廻(ねまり)トンネル跡

鉄橋跡
根廻トンネル

やがて廃線跡は、現在線と合流し、約15キロ続いた線路跡が終る。


現在線との合流地点

合流地点
ページのトップへ戻る
inserted by FC2 system