前へ
次へ

山形交通高畠線(糠ノ目~二井宿)廃線跡

山形交通高畠線は、大正11年に高畠鉄道として糠ノ目~高畠間が開業しました。その後、大正13年に高畠~二井宿間が開業、昭和18年に山形交通と合併し、山形交通高畠線となりました。しかし、モータリゼーションの波に次第に飲み込まれ、昭和43年に高畠~二井宿間を廃止、続いて昭和49年には糠ノ目(現・JR高畠駅)~高畠間が廃止され、歴史に幕を閉じました。現在では、廃線跡は、「まほろば緑道」というサイクリングロードになっています。

旧高畠駅は、高畠石造りの二階建て

石造りで重厚な建物である旧高畠駅舎。廃線後、駅舎はバス発着所として利用されていた時期もあったが、現在ではバスの発着もなくなった。

旧高畠駅(裏側)

旧高畠駅(表側)

旧高畠駅
旧高畠駅2

旧高畠駅には車両も保存されていた。この先の東高畠~上駄子町の区間は道路に転用されている為、面影を探すのは難しい。終着の二井宿駅跡は草に埋もれホームが残されていた。


旧高畠駅に保存されている車両

草に埋もれている二井宿駅跡

保存車両
二井宿駅跡

この廃線は全長10.6kmの路線である。高畠駅でレンタサイクルを利用出来る為、まほろば緑道をサイクリングしながら山形交通高畠線の廃線巡りをするのも、気持ちがいいです。

ページのトップへ戻る
inserted by FC2 system